「通り」の検索結果

スペシャル記事 121件ヒットしました。

歩くと開放的で気持ちの良い通りです

南湾湖景大馬路は、歩道も道幅も広く、湖沿いの道なので開放的で気持ちよく歩けるほか、マカオの発展ぶりも感じることができます

2014.10.06

地堡街は官也街と並ぶほど有名な通りです

地堡街(Rua Do Regedor)はレストランが充実していることで知られています

2019.08.19

マカオでは珍しいトンネルがある通り

マカオには数えるほどしかトンネルがありませんが、その1つです。前回の海洋花園につながる道でもあります

2018.10.12

地堡街は官也街と並ぶタイパの有名な通りです

地堡街(Rua Do Regedor)は官也街と並ぶ有名通りですが、歩道が整備されていて歩きやすいです

2017.06.05

マカオには中国や世界の都市名を冠した通りがたくさんあります その3

今回の前回に引き続き、ヨーロッパの都市名がついた通り名の紹介です

2016.01.12

セナド広場から徒歩5分くらいのところにある通りです

小さな通りですが、歩いていくと廟が現れました

2015.08.24

タイパ島の目抜き通りといえばここ

官也街はタイパ島の中心部と言えます。有名レストラン、お土産、スイーツの店など観光するなら必ず訪れたい通りです

2014.03.03

道路のようす道路のようす。目抜き通りの工事などをしていました

新型肺炎の影響で歩く人が減りました。その一方で、この機会になかなか工事できないところの工事をしていました

2020.03.27

タイパの街に向かう重要な通りの施督憲正街

施督憲正街はタイパの中心地に向かうための重要な通りですが、こんな店が並んでいます

2019.09.06

車が無造作に停まっているような通りですが…

老虎巷(Travessa Lou Fu)という小さな通りですが、ちょっとしたレストランが集まる穴場的な通りです

2019.08.23

柯高街は馬大臣街同様にグーグルマップのストリートビューに載っていない通りです

柯高街は馬大臣街同様にグーグルマップのストリートビューに載っていない通りですが、こちらは馬大臣街よりもさらに活気があります

2019.03.22

通り名が「十月初五日街」ですが、ポルトガルで共和制が敷かれた記念日から来ています

「10月5日」とは1910年10月5日にポルトガルで王政が終わり、第一共和政が成立した日という重要な日。マカオのこの通りは市民の息吹が感じられます

2018.01.22

海邊新街ってどんな通り

海邊新街は裏道としてマカオ市民、特にスクーター乗りが使う通りです

2018.01.05

俊秀圍(Patio De Chon Sau)は小道ですが遊び心がある通りです

ナビが訪れた時はちょうどクリスマスのデコレーションがされていました

2017.12.29

大街…すごい名前ですが、どういった通りなのでしょうか?

大街(Rua Dos Mercadores)は、「大」という漢字がつく割には小さな通りですが、いろいろな店が並んでいます

2017.11.06

アーティスティックな通りである金鐸街

マカオにもストリートアートが描かれている通りが金鐸街です

2017.06.26

爹美刁施拿地大馬路も前回に負けないくらい長い通り名です

爹美刁施拿地大馬路沿いにある建物もPonteの番号が振られた建物があります。一番大きな数字は31Aまでナビは確認できました。通り沿いには海鮮関係の業者を多く見かけました

2016.02.15

一見、何も特徴のない通りですが、マカオにはなくてはならない通りです

比厘喇馬忌士街という長い通り名なのですが、建物1つひとつにPonte ○○と番号が振られています。ちなみにPonteとはポルトガル語で橋の意味です

2016.02.08

マカオには中国や世界の都市名を冠した通りがたくさんあります その2

前回は中国の都市名の通り名でしたが、今回はヨーロッパ編です

2016.01.04

マカオには中国や世界の都市名を冠した通りがたくさんあります その1

マカオではどんな小さな通りでも名前が付いていますが、都市の名前を通りにつけていることが少なくありません。その1は中国本土編

2015.12.28

媽閣の近くにある下環街は下町情緒あふれる通りです

19世紀に行われた埋立てで出来た通りです。わずか460メートルという短い距離ですが活気にあふれています

2015.12.21

この通りはマカオ半島の埋立地に出来た幹線道路です

総督の名前がつけれた馬済時綜督大馬路は多種多様な店がならぶ大きな道です

2015.11.24

マカオにある1つの通りですが、こんなことになっていました

通りを歩いていると、黄色のビルがあり、いろいろなスポーツ団体が集まるビルであることがわかりました

2015.08.03

マカオにしては珍しいタイプの通りです

福隆新街というところで、元々は遊郭街でしたが今では中華色が色濃く残る通りとして観光スポットとなっています

2015.03.27

マカオ最大の廟、媽閣廟の横にある通りです

媽閣斜巷はお土産店などが並んでいますが、ここをずっと進むと最終的にはマカオ最大の通り新馬路につながる生活道路でもあります

2015.03.16

真下にはマカオで一番有名な通り”新馬路”があります

「大堂街」は世界遺産にも登録されている教会こと「大堂」の前にある通りです。短い通りですが、風情のある階段、有名なポルトガル料理の店、カフェなどいろいろな表情を見せてくれます

2014.11.10

聖ポール天主堂横にある通りです

「大三巴街」はアンティークショップ、カフェ、ファストフード、スーパーマーケットなどいろいろな顔を持つ不思議な通りです

2014.10.31

この通りには特徴的なものがあります

マカオの昔ながらの家は家の壁が緑色名ところがあります。入便街周辺はその1つです

2014.07.14

タイパ地区のもう1つの目抜き通り

タイパ島の地堡街は官也街と並ぶう1つの有名な通りです

2014.04.04

週末となると忍耐が必要となる通りです

セナド広場から聖ポール天主堂跡まで続く通りは週末になるとあまりの人出で普通に歩くことすら困難ですが、楽しい通りです

2014.03.31

通りがすごくて、まともに歩けません

樟堂街はマカオでも屈指の忙しい通り

2013.11.25

ポルトガルの建国記念日にちなんだ通りです

1900年代はこの通りが一番栄えていた通り。今はレトロな街並みが観光客に人気

2013.10.21

セナド広場のすぐ横にある通りです

セナド広場から徒歩1分のところにある、地元色の強い通り

2013.10.07

車のディーラー通り

マカオ半島の北部にある"慕拉士大馬路"は、自動車のディーラーが並ぶストリートです。

2013.01.08

水坑尾街 & 肥利喇美打大馬路 Part 4 (ショップあれこれ)

水坑尾街と肥利喇美打大馬路は目抜き通りということもあり、多彩な店も通り沿いにあります

2019.03.04

水坑尾街 & 肥利喇美打大馬路 Part 1 (スニーカー編その1)

水坑尾街 & 肥利喇美打大馬路は大きな通りでスニーカーの店が集積しています

2019.02.22

スナック菓子のような物がたくさん食べられる店がずらりと並んでいます

大堂巷は教会とセナド広場を結ぶ通りのおかげで大勢の観光客と小さな店がたくさんあります

2018.02.02

関前正街は新しい店と古い店が同居しています

聖ポール天主堂跡からほど近い「関前正街」は古い通りに新しいお洒落が店を構える興味深いストリートです

2018.01.19

(1-40) もっと見る